ホーム >  今月の健康アドバイス 2024年

2月号 「スギ花粉症をなおす方法があります ~舌下免疫療法について~」

 


今や国民病といわれる春の花粉症の季節が近づいてきました。新型コロナもまだ根強くありますが、野外でのマスク着用は基本的には不要と考えてよいと思います。…が、花粉症の方にはむしろマスクが手放せない時期となっています。花粉症対策にはまずマスクなどで暴露を少なくし、次に薬ですが、今回ご紹介するのは舌下免疫療法といい、アレルギーの体質を改善する治療です。アレルギーの原因物質のエキスの薬を下の裏側に1分置くのを毎日、長期間続けることでアレルギーを軽減することができます。現在スギとダニのアレルギーに対して治療薬があります。治療期間が3年から5年と長いのが欠点ですが、多くの方は1年ごとに効果を実感されており、花粉症の時期でも薬なしで大丈夫だった!という方も多いです。治療開始時期は花粉の飛散時期を避けて、飛散の落ち着いた6月から、まだ花粉の飛んでこない12月くらいまでに始めるのが一般的です。今シーズンは薬で乗り切り、来シーズン以降に向けて舌下免疫療法を検討するのがおすすめです。
ただ実は、非常に残念なことに、治療薬の需要が増えたため昨年からスギ舌下免疫の開始時の治療薬の生産がほぼストップしており、薬局に入ってこない状態がつづいています。私としても患者さんに勧めているのですが薬がないので始められない、という歯がゆい状態です。いずれ薬の流通は回復するはずですので、今回は舌下免疫という治療方法があることを知っていただければと思います。

 


一般社団法人右京医師会 神谷 透

 

今月の健康アドバイス バックナンバー