ホーム >  今月の健康アドバイス 2024年

6月号 「大人になってから、発達障害に気がつくのはなぜ?」

 


発達障害は、ASD(自閉スペクトラム症)、ADHD(注意欠如・多動症)、LD(学習障害)など、生まれつきみられる脳の発達の違い・アンバランスによるものです。本人のやる気や努力不足、保護者の育て方などによって起こるものではありません。小児期の一時的なものではなく一生を通じて存在しうるものです。
「大人になってから、突然、発達障害になる」というわけではありません。
多くの場合、発達障害の特性は子供の頃から現れますが、子供の頃は単なる個性の一つとして捉えられたり、周囲から手厚くフォローされたりするため、本人も周囲の人も発達障害の特性であるとは気づかずに大人になることがよくあります。
しかし、進学や就職で社会に出ると、人間関係は複雑になり、様々な相手と曖昧さを含んだコミュニケーションをとることや、相手の表情からすべきことを察したり周囲に合わせて行動するといった「空気を読める」ことが要求されるようになります。
また、社会的制約や責任が増えて、遅刻やうっかりミスが許されにくくなります。こういった中で、潜在的に持っていた発達障害の特性が浮かび上がってきて人間関係や仕事でつまずいてしまい、その時に初めて発達障害の可能性に気付くことになります。
発達障害の特性から生活や仕事の中でつまずいたり、困難が続いて生きづらさを感じたりしてストレス状態が続くと、「うつ」になったり、不安が大きくなりすぎたり、時には「ひきこもり」となってしまうこともあります。
発達障害の特性は欠点になるとばかり考えられがちですが、環境や場面によっては長所にもなり得ます。自分の特性に気付いて少し工夫したり、その特性を周囲に伝えて支援を受けたりすることで、気持ちが楽になったり、自分らしくスムーズに社会生活を送れる可能性があります。苦手なことを工夫することによって生きやすくなることや、得意なことで大きな力を発揮できるようになる人も少なくありません。
「もしかしたら自分は発達障害なのかもしれない」と思ったときは、専門の相談窓口・心療内科・精神科へ相談しましょう。相談をすることで、専門家によるサポートや行政による就労支援を受けることができるかもしれません。

 


一般社団法人右京医師会 杉山 タカネ

 

今月の健康アドバイス バックナンバー