ホーム今月の健康アドバイス  >  バックナンバー 2018年

 

2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度


2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度

 

2008年度2007年度2006年度2005年度2004年度

7月号 夏は細菌による食中毒の季節

 

 6月から8月にかけての高温多湿の時期は細菌が繁殖しやすく、細菌による食中毒が増加します。明らかに腐ったものを食べる人はいませんが、食べ物の色や臭いに問題がなくても、細菌が繁殖していて食中毒を起こすことが少なくありません。
また、食中毒というと飲食店での食事が原因と思われがちですが、家庭での食事でも頻繁に発生しています。
家庭での食事作りにおける食中毒予防のポイントをチェックしてみましょう。

 

≪食中毒の予防には3つの原則≫をチェックすることが大切です。
原則1. 細菌を【つけない】
・手には様々な細菌が付着しています。調理前や肉、魚を扱った後には必ず
手を洗いましょう。
・肉、魚を切った後のまな板や包丁は細菌が多く付着しています。必ず洗剤で洗った後に、他の食材に使用してください。
・菜箸は肉、魚に使うものと他の食材に使うものとで分けてください。

原則2. 細菌を【増やさない】
・食材は買って来たら、できるだけ早く冷蔵庫に入れて早めに食べましょう。
・冷凍した食品を解凍する場合は、常温での解凍は避けて、電子レンジで解凍するか冷蔵庫内で解凍しましょう。

原則3. 細菌を【やっつける】
・細菌の多くは熱に弱いので、食材を十分に加熱すれば死滅します。しっかり加熱しましょう。加熱の目安は中心部が75℃で1分以上です。
・まな板、包丁、布巾などの調理器具は洗うだけでなく、熱湯をかける等して殺菌しましょう。

 

自己判断せずに医療機関に
食中毒を発症すると、腹痛、下痢、嘔吐、発熱のほか、重症化すると血便なども見られ

ます。こうした症状がある場合は自己判断せずに早めに医療機関を受診してください。

 

一般社団法人右京医師会 石田 勝紀

6月号 熱中症! 糖尿病! 劇症1型糖尿病!

 

 急に熱くなった日、最高気温の高い日、湿度の高い日、これから多くなりますが、熱中症には十分注意が必要です。
のどが渇く、たくさん飲む、尿の量が多い、疲れやすい、こむら返りが多い等、熱中症の症状でもあるようなそんな中に、糖尿病が隠れているかもしれません。糖尿病は、少々血糖値が高い程度では自覚症状がないことも多く、上記のような症状が出たときは糖尿病の状態が悪い、ということも多いです。
糖尿病はそもそも血糖値が高い(血液中の糖分が高い)という病態で、高血糖が続くと血管等のダメージが大きくなり、それに伴う合併症が生じ、その合併症がなかなか厄介なため、血糖値のコントロールが必要になる、病気です。3大合併症は、神経症・目の網膜症・腎症(「し・め・じ」と覚えましょう)で、しびれ、痛み、網膜症による失明、腎症による人工透析などを呈します。3大合併症以外にも、狭心症・心筋梗塞といった心臓の病気、脳出血や脳梗塞といった脳の病気、足の血管がつまるなどの末梢動脈の病気、も多くなります。
糖尿病にも種類があり、大きくわけて、1型、2型、妊娠糖尿病、その他、に分けられますが、一般的に大人がなる糖尿病は2型です。肥満等により血糖値を下げるホルモンであるインスリンが、体の中でうまく作用しなくなったり、インスリン分泌が低下したりして血糖が上がる病態です。それに対し1型は膵臓から分泌されるべきインスリンそのものが産生されない病態です。この1型糖尿病の中で注意すべき糖尿病として、劇症1型糖尿病という病気があります。短期間に糖尿病を発症し適切な治療を開始しないと死に至ることもある危険な病気です。基本的にのどが渇く・たくさん飲むなどの高血糖に伴う症状はあまりなく、急に意識がおかしくなって病院を受診するといったこともあります。インスリンが分泌されていないため体内の糖分が使われず脂肪を利用するため、ケトン体という物質が産生され、結果、血液が酸性となり昏睡状態になる、危険な病態です。一般的な1型糖尿病が若い時に発症するのに対しこの劇症型は、平均して男性43歳、女性35歳に発症すること、男女比は1対1で日本を含め東南アジアに多いといったデータがあります。典型的な糖尿病の症状が少なくいきなり昏睡になることもあり、気を付けるべき糖尿病です。
熱中症と思われる中にも、糖尿病が隠れているかもしれず、いつもと違う、何かおかしい、といったことがあれば医療機関を受診するように、お願いいたします。

 

一般社団法人右京医師会 寺村 和久

5月号 帯状疱疹のワクチン接種が始まりました

 

 みなさん、右京医師会のホームページにようこそ!このコーナーは右京医師会の会員が市民の皆様方に健康に関するアドバイスをするコーナーです。様々な科の医師がタイムリーで有益な情報を発信しています。今月は、帯状疱疹の予防接種についてお知らせしたいと思います。帯状疱疹の原因は、みずぼうそうのウィルスと同じです。子供の頃にかかったみずぼうそうが治ったあと、知覚神経の細胞の中にウィルスが潜伏感染します。その後、何十年も症状がないのですが、ストレス、疲労や老化などにより免疫が低下し、ウィルスが再び神経の中からどんどん複製し、神経線維をたどり、皮膚に水ぶくれをつくる病気です。何より問題になるのは、神経での炎症による痛みで、それが残ることです。ウィルスをおさえる薬はあるのですが、このやっかいな神経痛を完全におさえる薬はいまだ開発されていません。ですから、発症そのものをおさえるワクチンが有効ということになります。実はこの帯状疱疹は、子供のみずぼうそうのワクチンが定期接種化されてから増えています。というのも巷でのみずぼうそうの流行が減り、定期的に生ウィルスに暴露される機会が減ったことが原因と言われています。とくに50歳以上での帯状疱疹の発症が増えています。この辛い神経痛を予防するには、予防接種が一番よい解決策ということになります。今のところ、この予防接種は自費での接種となります。また、すべての方が適応となるわけではありません。くわしくはかかりつけ医や皮膚科医などにご相談下さい。

 

一般社団法人右京医師会 松木 正人

4月号 学童期のからだの痛み、なぜ治らないのか?

 

 子供さんの体の痛みは捻挫や打撲といった外傷の場合、受傷機転ははっきりしています。一方、ずっと運動を継続している学童でいつのまにか痛みを生じて運動ができないといった症状でこられる子供さんも多くおられます。身体の老化に無縁な時期である成長期のこどもさんになぜ痛みが? 詳しく話を聞くと大人なら動けなくなるだろうとおもわれるほどの運動量をこなしている子供も多いです。発達曲線によると小学6年~中学1年では運動器骨格の成長は成人の40%-50%程度です。90%以上とほぼ同等になってくるのは高校2年生くらいからですので、この時期おこりやすいのは運動の過負荷により壊れたとおもわれる症状です。これらの痛みは発症初期の状態で適切な運動中止と復帰の指導があればほとんどが治癒します。子供の運動したい希望ありスポーツを中止できないという保護者も多いですが、将来のために「子供の体をまもる」意識が必要です。学校生活や家庭環境に問題のある場合もあるため神経科、心療内科との連携が必要になることもあります。子供の体の痛みにたいしては安易に考えずに整形外科専門医に受診をするようお願いします。

 

一般社団法人右京医師会 小室 元

3月号 いつもよく風邪をひく・よく咳が出る
そんなときはアレルギーの可能性を考えましょう

 

 「いつも風邪ばかりひいているんです。なんだか調子が悪くて。」「そうですか。いつも鼻水が出るんですか?」「そうなんです。鼻水が出たかと思うとすぐに調子が悪くなって喉が痛くなって・・・。」外来での患者さんとの会話です。この患者さんの場合、採血の結果、ダニ・ダストアレルギーが判明しました。
風邪だとおもっていたが実は、アレルギー性鼻炎・咳喘息をもっていて、その結果、ばい菌にも弱くなり副鼻腔炎を起こしてしまう、扁桃腺炎を起こしてしまう、ということはよくあります。つまり、見た目は風邪だけれど、裏にはアレルギーが潜んでいるのです。
ダニ・ダストアレルギーを例にあげますと、布団・毛布をこまめに洗濯できるものに変える、長年万年床なら一回買い換えるなど、生活習慣に即した方法も効果がありますし、現在は、ダニ舌下療法といって、ダニの成分を舌の下に2分間保持して、ダニに対してのからだのアレルギー反応を起こしにくくするといった治療法もあります。

 

 アレルギーの患者さんにとって大事なことは、「扁桃腺炎や副鼻腔炎になってひどい風邪を繰り返さないように、予防薬やアレルゲンの除去の努力、舌下療法などによって、アレルギーをひどくしないこと」なのです。

 

 「風邪ばっかり繰り返しているなあ」と思っている方は、ぜひ、アレルギーの検査をしてみましょう。

 

一般社団法人右京医師会 紀 優子

 

2月号 肺炎の予防注射を受けましょう

 

 京都市では平成26年度から平成30年度まで高齢者に成人用肺炎球菌ワクチンの定期接種が行われております。とは言え経過措置で、対象者は今まで同ワクチンを接種したことがない方で、年齢がその年度内に65・70・75・80・85・90・95・100才になる京都市民と、60~64才になる京都市民で心臓・腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に障害を生じている方のみです。

 

 抗生剤の進歩により肺炎は容易に治療できる過去の疾患と考えていませんか。高齢者の肺炎は治りにくく、一旦治っても肺炎を繰り返したり、身体が弱って寝たきり状態になることがしばしばで、認知症の発症リスクも上がります。また高齢になると飲み込む力(嚥下機能)と誤嚥したものを喀出する力が弱くなり誤嚥性肺炎を起こし易くなります。高齢者に多い誤嚥性肺炎の原因菌は口腔内常在菌である肺炎球菌であることが多いです。この肺炎球菌による肺炎の予防には肺炎球菌ワクチンが有効です。定期接種の対象者には自治体からの案内が郵送されておりますが、当該年度の3月末までですので、これを逃すと4年後の4月1日まで自治体からの補助を受けられません。その上、現在の方法は平成31年3月31日までの経過措置ですので、それ以降にどうなるのかはわかりません。高齢者、中でも成人用肺炎球菌ワクチン定期接種の対象者の方々は、肺炎なんか関係ないよ、と思わずに予防注射を受けられることをお勧めします。料金は4000円ですが、自己負担区分証明書の提出により市・府民税非課税者は2000円、生活保護受給者・中国残留邦人等支援給付受給者は無料となります。定期接種でない場合は全額自己負担で8000円程かかります。なお、今回のワクチンは23価ワクチンで一生に一回の接種ですが、接種後5年ほどでその効果が落ちることから自己負担にはなりますが同ワクチンの再接種とプレベナーという名の13価ワクチンの追加接種が望ましいです。

 

一般社団法人右京医師会 岩田 弘滋

 

1月号 補聴器を正しく使いましょう

 

我が国は欧米に比べて補聴器を使用する方の割合がかなり低いとのことです。難聴は恥ずかしいので知られたくないという文化によるものかと思われます。しかしながらそれによって会話を聞き間違えることが多くなり、人との接触が億劫(おっくう)になるなどの損失の方がはるかに大きいのではないでしょうか。コミュニケーションの減少から加齢による難聴で認知症発症のリスクが増大し、適切に補聴器を使用することでリスクを軽減できるとのデータもあります。最近は補聴器性能の向上とともに小型化も進み、装用していてもあまり目立たなくなっています。流行りの音楽プレーヤーのように颯爽(さっそう)と使用している方もお見受けします。とはいえ補聴器の普及を妨げてきた責任の一端は、その使用を適切に推奨・指導してこなかった私たち耳鼻咽喉科医にもあります。
そんな反省を踏まえ日本耳鼻咽喉科学会では「補聴器相談医」制度を運用しており、制度のあらましや相談医の名簿については学会ホームページ(http://www.jibika.or.jp/citizens/)で確認できます。難聴の程度や補聴器使用の必要性などについては一人一人異なります。したがっていきなり通販での購入などは論外です。ご家族に難聴の方がおられて補聴器のプレゼントをお考えの方もまずはご本人同伴で耳鼻咽喉科への受診をお勧めいたします。認定された補聴器専門店と連携して適切な補聴器の選択をお手伝いいたします。なお、補聴器は医療保険の適応外ですが、使用が不可欠な高度難聴については公的補助の制度もございますので併せてご相談ください。

 

一般社団法人 右京医師会 寺薗 富朗